2016-01-31

ラミパスラミパス


化粧品を見るのってすごく楽しい。
特にカラフルなアイシャドウを見るのが好きで、持っていない色にはつい手が伸びてしまう。

上の写真はマジョリカマジョルカのアイシャドー。色の名前は「熱情」です。マジョマジョは色の名前がいつも凝っていて好き。
発色がいいみたいなので、ずっと気になっていた品。「白いばら」という名前の白いアイシャドーも可愛かったな。


こちらもアイシャドウ。
指で乗せるタイプのシャドウで、濡れたようなツヤがでるんです。キラキラも入ってる。
色はハートスノーホワイトと、パールブラウンにしました。これも名前がかわいい。同じ種類のもので「クリスタルシルバー」という銀色のキラキラしたシャドウがあって、それは目元に付けてディズニーに行きたくなるような、ファンタジックなものでした。


いつも使っているBBクリーム。
ファンデーションは付けずに、これだけ。


左が今までのもので、右が今日買ったもの。
箱を開けるまで分からなかったけど、デザインが変わってた!
さくら色は癒される。

もっと勉強して綺麗になろう。

2016-01-27

ドラマの話


ん〜〜〜

なんだか最近調子がいい。
いろいろ。肌も髪も気持ちも。
体幹トレーニングを始めた。体のバランスを整えるのと、健康のために。

ドラマの話になりますが、今季は堀北真希さん主演の「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」と、月9の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」を見ています。

ヒガンバナは語ると長くなるので別の記事に書きます(笑) 真希ちゃんがかわいすぎて毎週癒されてます。

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」通称「いつ恋」は、東京を舞台にしたラブストーリー。
きらきらしていない若者たちが、ひたむきに生きている姿を見ると、私も頑張らなきゃって力をもらえる。久しぶりにいいドラマです。
高良健吾くんが出演しているのだけど、彼は演技が上手くて感情移入してしまう。堀北真希とは「白夜行」で共演しているので、また見てみようかな。共演といっても、撮影中ほとんど2人は顔を合わせてなかったみたいですが(笑)


読んでくれてありがとう。

2016-01-16

Frozen


妹からシーのお土産!

アナのクリスマスオーナメント。
名前はオーナメントだけど、普通のストラップです。


みつあみが片方だけ垂れてるのがかわいい!
ちゃんと一本だけ髪が白いよ。
服の模様も細かくてお気に入り。
アナの服はどれも可愛くて大好き。
戴冠式のときのグリーンのドレスが特に好き。

je t'aime ★ je t'aime


あったかい部屋でTommyのDVDを流しながらお菓子を食べて紅茶を飲んで
口ずさんだり軽く踊ったり

ときどき鏡を見て今の自分をチェックしたりして
こんな土曜日が好き。



2016-01-14

今日作ったもの


まぐろの煮付け
イカのフライ

今日は映画「イニシエーションラブ」を見ました。
原作が話題になっていたのでずっと見たかった。前半が特に好き。
気楽に見られるし、面白かった!

ドラマチック


家にいたら玄関のチャイムが鳴ったので、ドアを開けると女の人がいた。
こんな時間に珍しいなぁと思ったら、お隣の女の子だった。小さい頃はよく遊んだけど、ずいぶん会っていなかったので気づくのに時間がかかってしまった。

「はるちゃん…?」と言われて、お母さんの友達かな?と思ってしまったくらい(笑) 4つ年下なのに、私よりも大人っぽいからセールスかなにかの人かと思った。

寝坊してしまったみたいで、学校に間に合わないとのこと。バス停まで走ったけど間に合わず、うちに来た様子。かなり急いでいて、12時半までに駅に行かなきゃ遅刻してしまうと言うので、迷わず私が送っていくよ!と伝え、外で待っててもらいカバンを取りに行き車へ。

車の中では、学校の話をした。いろいろ悩んでいるみたいだった。うまくアドバイスできなかったけど、私も学生のときは悩んでいたことを伝えた。
予定の時間より早めに駅に着き、無事に送り届けられました。

その子が玄関のチャイムを鳴らしたことで、平凡な日がドラマチックに変わった。些細なことだけど、なんだか面白かったので書いておく。

2016-01-12

無限のファンタジー


日曜日、友達と東京散策をしました。

新宿のかもめブックスという本屋さんで個展を見たあと、文房具専門のビル、世界堂へ行きました。
私も友達も絵を描くのが昔から大好きなので、少々興奮気味でした(笑)

1色ずつケースに入れられた絵の具が欲しかったけど、もう少し詳しくなってから買いたかったので今回は見送ることに。イラストに関する本が並ぶ中で、こんなものを見つけました。


明治〜昭和にかけて発売された雑誌の付録について書かれた本。
中には当時の付録がいっぱい!
本の厚み(2cmくらい)とサイズ(文庫本)も好みで、迷わず買ってしまいました。

ビルを出るとこでこんなガチャガチャを発見。


うさぎのストラップ6種。
エポック社なので、顔がシルバニア風でかわいい〜
全部集めたい。

そのあとは駅の近くにあった、フライングタイガーに入りました!
ずっと行きたかったけどなかなか行けずじまいだったタイガー!北欧のグッズがカラフルでかわいかった。私が気に入ったのはこれ。



ユニコーンのぬいぐるみ。
700円という安さと、触り心地と色合いが好きでお迎えしました。部屋にいるだけで癒される。もっとかわいいのに写真を撮るのが難しい。

タイガーを出たあとは、駅にあるラデュレでお茶をしました。
一番上にある写真がそれです。
私はピスタチオのマカロンと、ホットティー・マリー・アントワネットという紅茶を飲みました。マカロンが甘くて美味しくて幸せだった…!
紅茶はオレンジ風味でした。

お茶をしたあとは2人で原宿へ。
いつもは行かない裏原も回れて、ずっと行ってみたかったお店「G2?」にも行けました!いつも通販でしか見ていなかったのだけれど、お店は天国でした。どの雑貨もかわいい。そこに住みたかった。

竹下通りはいつもいろんな人がいていろんなお店があって楽しい。
原宿で買ったのは内藤ルネのペンケースだけなんだけど、とても目の保養になった。


部屋で使いたいルネのペンケース。

こんな感じで友達といろいろお喋りしながら楽しく過ごせた1日でした。
ファッションは全然原宿系じゃないけど、夢がある原宿が大好き!
たぶんいくつになっても行く(笑)



黄金比


はあああああ

かわいい。もうブライスがいれば何もいらない。

また最近前髪を切りました。
こまめに切ってる私を見て、友達に「髪のびてるの?」と心配されました(笑)
安心してください、のびませんよ。



2016-01-08

三鷹の森ジブリ美術館 レポート


7日、友達と「三鷹の森ジブリ美術館」へ行ってきました!

子供に戻って楽しんできました。
5時間もいた(笑)
書きたいことが山ほどあるのですが、パソコンの調子が悪いのでスマホから少しだけ。

11時半くらいに三鷹駅に着き、3人で歩いて美術館へ向かいました。知らない街を歩くのって大好き。特に冬は、寒いんだけどマフラーやコートのお陰でもふもふしていて温かいし、わくわくしているから体がほてってる(笑)

美術館に着くと、受け付けにトトロがいた!でもこれはニセモノで、ホンモノの受け付けには長蛇の列ができていました。チケットは予約制で、私たちは12時半入場。受け付けが見えてくると、入口の扉にステンドグラスが施されていて、トトロとメイとさつきがいました。
受け付けでは、利用のご案内と、きっぷをもらいました。このきっぷは、実際に映画の上映に使える35mmのフィルムだそうです。私は今回美術館に行くにあたり、予習をしていたので、このきっぷを貰うのをかなり楽しみにしていました。みんなで光に透かしてみたけど、どのシーンなのかなかなか分からず。私のはタヌキが見えるのでおそらくぽんぽこ。


中央ホールへ行くと、「迷子になろうよ。いっしょに」というキャッチコピーの通り、入り組んでいて、3人で迷子になりながらなんとか全ての部屋を回りました。

私が一番感動し、好きだったのは、常設展示室「映画の生まれる場所(ところ)」です。
ここは小さな部屋が5つあり、宮崎駿監督のアトリエに忍び込んだような気持ちになれます。机には画用紙に描かれた絵とたくさんの絵の具と瓶詰めのお菓子。天井からは宮崎駿監督が好きな飛行機の模型があり、棚には様々なジャンルの本が並んでいました。壁には、小さな画用紙に描かれたスケッチがびっしりと貼り付けてある。ペンだけで描かれたものや、鉛筆×水彩絵の具で描かれたもの、ジブリ作品とは関係のなさそうなものまで。映画はどんな風に作られていくのか、部屋が変わるたびに映画について詳しくなっていくようでした。セル画もたくさんあった。もう、とにかく絵を描きたくてたまらなくなった。絵が好きな人、アニメーションが好きな人にとっては天国のような場所でした。机の横に、ジャムと小さなケーキが置いてあったりしてかわいい。

短編アニメーションを見ることができる映像展示室「土星座」では、「メイとこねこバス」を見ました。トトロのスピンオフ作品。キャラメルが出てきてわくわく。包み紙を開ける音にぞくぞく。ジブリに出てくるお菓子が好き。
こことは別の場所で、ミニアニメーションを見られる場所があったのですが、人類が生まれて人間になるまでをアニメにしたものが面白くて、友達とずっとそこに立って2回見ました(笑) 海の中の微生物から始まって、最後は猿、人間になって愛の告白をするんです。素敵だった。

2時くらいにカフェ「麦わらぼうし」でごはん。
私はお日さまをのせたポークサンドイッチを食べました。ボリュームがあって美味しかった! お皿もトトロで可愛かった。お酒が似合いそうなカウンター席で食べました。
お店の人がみんな温かくて、私がカウンター用の高いイスに座るのが難しくて頑張ってたら、女の人が後ろからイスを押してくれたり。(笑) カバンを置く用のイスを持ってきてくれたり、水をこまめに注いでくれたりと、サービスが行き届いていて嬉しかった。
美術館に着いてすぐに、ホットドッグも食べました。

特別展示は、「幽霊塔へようこそ展」でした。
江戸川乱歩の長編小説「幽霊塔」が取り上げられていて、ちょうど友達が小説を読んでいたので解説をしていただいた。

図書閲覧室「トライホークス」で、宮崎駿がカバーイラストを手掛けた本に一目惚れ!


これなんです。かわいすぎるでしょ?
この本についてはまた別の記事に詳しく書きますが、くるみ割り人形の元になった作品だそうです。「クルミわりとネズミの王さま」E.T.Aホフマン作。
もくじを読んだだけでわくわくする。クリスマスのおはなし。
このブックカバーが手に入るのは、ジブリ美術館だけ!いい買い物ができました。紙も普通の紙ではなく、光に当てるときらきらと光るサテンのような素材なんです。気持ちよくてずっと触ってる(笑)

図書閲覧室では、ジブリ作品の書物のほか、宮崎駿監督のお勧めの小説、絵本などがたくさん置いてありました。その場で軽く読めるし、買えるんです。友達はミニシアターのパンフレットを購入していました。

最後はショップ「マンマユート」でお買い物。

本で満足したので、お土産しか買ってませんが(笑)
この紙バックがお気に入り。「ママ、たすけて!」という意味だそうです。

1日ジブリ美術館で楽しんで、生きる喜びみたいなものを教えてもらった気がする。早く絵を描きたい。そして本を読みたい。やりたいことがたくさんある!
いつまでもこんな幸せな毎日が続きますように。